ちょっとした一言で違うかも

2021/02/25

今日スーパーの前を通りかかったのですが、その時、目についたお店のポップの文章…

「おいしい!見切り品!」

果物なんかは良く熟れた方が美味しいでしょうし、確かに見切り品としては美味しいのかも知れません。

ですが、お客さんの視線で考えると、

「おいしいならなんで見切られるんだろう?」と言う疑問が湧いても不思議ではありませんよね。

お店としては本当に品質的には充分なのだから当然「おいしい」だろうと思って書いた言葉が、

不信感とまでは行きませんが、「え~ほんとにぃ?」と思われてしまうきっかけになりかねません。

ここにちょっとした一言、例えば、「まだまだおいしい!見切り品」

こんな書き方をすればお客さんは、「あ、見切り品とは言え、まだ高い品質を維持してるんだな」とより商品の魅力を正確に受け取って下さるかも知れません。

家庭内のコミュニケーションにおいても、料理を作ってくれた奥様に「ごちそうさま」とだけ伝えるより、「いつも大変なのにありがとう、ごちそうさま」と一言添えるだけで、どれだけ良好な夫婦関係が保てるでしょう。

ちょっとした一言で変わる事、他にもあるかも知れませんね。