競輪に単勝・複勝が無い理由と単勝復活について

競輪には単勝・複勝がありません。昔はあったんですが、場内の隅っこの、ひと気がない窓口でひっそりと売られてました。

単勝複勝車券は当時あまり人気が無く、主催者も売りたくないから売場の数を減らし、そして結局3連複と3連単を導入するタイミングで競輪の単勝と複勝は姿を消しました。

ビギナーにとっては単勝や複勝はシンプルで入門にはピッタリなんですけどね。

ただ2021年にPIST6(ピストシックス)と言う、昔からある競輪とはちょっと趣が違う、格闘技で言えばRIZINのような、カッコよさ、オシャレさを前面に演出したようなエンタメ性の高い競輪が始まって、事情が変わりました。

(画像はPRTIMESより引用)

このPIST6はTIPSTARと言うアプリで車券を投票できるんですが、実はこのPIST6には単勝があります。

※6車立て・1周250mで通常の競輪にあるラインという概念はなく完全な個人戦

昔からある通常の競輪には、特有のラインという考え方があるので、連勝式車券の方が競輪の本質に近いような気もしますが、これはビギナーにとってはハードルがちょっと高い場合もあります。

競輪の面白さはラインを中心とした人間同士の駆け引きにあると思いますが、ビギナーがもっとも難しいと感じるのも、またラインを中心とした駆け引きを予想する事です。

PIST6そして単勝、今後はどうなっていくでしょうかね。