悪質な初回無料商法にご注意!

2021/02/25

主にインターネット上の広告などで「初回無料」とか「お試し」と聞くと、ついつい軽い気持ちで申し込んでしまいがちな心理を悪用して、2回目以降の商品が勝手に届いて高額な請求を受ける悪質なケースが増えているそうです。

近年被害が急増している通信販売は、健康食品などの商品を初回は無料や格安で提供するよう紹介しながら、1回限りのつもりで申し込んだ消費者に対し、複数回の購入契約を結ばせる手口だ。解約しない限り毎月商品が届き、2回目以降は高額な代金を請求されてしまう。

※読売新聞より引用

消費者庁が法改正に動き、刑事罰の対象になるそうです。

消費者庁が、特定商取引法を改正し、違反事業者に懲役刑の刑事罰を導入する方向で最終調整していることが分かった。近く与党の了承を得て、今国会に同法改正案を提出する方針。罰則の強化により、詐欺的商法の抑止や被害防止を目指す。

※読売新聞より引用

具体的にどこの会社の何という商品・サービスを指しているのかはわからないので、どれくらいの悪質さなのかわからないのですが、健康食品などと書かれているところを見ると、その業界には多い事なんでしょうか。

おそらくキャンセル方法がわかりづらいとか、すごく面倒とか、キャンセルの電話をしてもしつこく説得してくるとか、そういうやり方なんでしょうけど、本来なら法律ではなく企業の倫理で対応できれば良いのですがね…。

日本の法律が適用されるのは国内の業者だけなので、海外に拠点を置く業者は規制できないでしょうから、結局は今後も気を付けるしかありませんけど。