一番軽いChromeBook 2021年

2021/03/07

どうもこんにちは、虫明誠造です。

在宅ワークやリモート授業などで需要が増して来た Google の ChromeBook ですが、外出の機会が減っているとは言えノートタイプのPCなので持ち運びしたい人もいると思います。

そこで現時点で最も重量が軽い ChromeBook を探してみました。

ChromeBook最軽量モデル

ChromeBook でもっとも軽量な機種は Lenovo の IdeaPad Duet Chromebook ZA6F0038JP です。

ChromeBook最軽量モデル画像

こいつは本体とキーボードが分離できるタブレットタイプの ChromeBook で、本体450g・キーボードと背面スタンドで500g・ACアダプターが約60g程度とトータルで1kgと最軽量と言えどもちょっと重い印象。

もちろん androidタブレットみたいにスクリーンキーボードで文字は打てるし、バッテリーも公称10時間と長持ちなので、本体だけを持ち歩けば450gとかなり身軽になれます。

ただ、それだと androidタブレット で良いんじゃないの?という気もする。

デメリット

イヤホンジャックが無く、付属品としてイヤホンジャック⇔USB-CType変換アダプターが付いてはいるものの、うっかり家に忘れたりする可能性を考えると、ちょっと残念かな。

軽量を実現するために10インチという画面の小ささだが、悪く言うと10インチにしているわりにそれほど軽くはなっていないのも残念なポイント。

軽量なのが売りのモデルと言う事は、当然持ち運びは用途の視野に入っているはずだが、SIMカードスロットは搭載されていないため、ポケットWi-Fiや公衆無線LANなどの通信環境が必要になるのも勿体無い。

個人的に一番のデメリットに感じたのはスタンドカバーがマグネット式な事。カバンの中に入れた時、銀行の通帳など磁気を近付けてはいけない物が一緒に入っていると良くない。

韓国製のUMPCで通帳がバカになる事例が以前もあったんだよね。

マシンスペックは高く無いので、動画編集とか、本格的なCG制作とか、ゲーム用途には向かない。当然だけどWindows専用のアプリなんかも使えない。

バッテリーがヘタっても自分でバッテリーを交換する事はできない…が、多分バッテリーがヘタった頃にはさすがにもうこのスペックではキツくなってると思うので、買い替え時だとも言える。

メリット

画面が10インチではあるが、画面解像度は1920x1200なので悪くは無いし、現状のChromeBookのラインナップの中では最軽量モデルである事は紛れも無い事実。

日本語配列キーボードなので、US配列キーボードと比べて文章入力などはしやすい。

4時間充電で10時間稼働なのは使いやすいと思う。前後カメラとマイクとスピーカーは内蔵なので、一応これ1台とネット環境があればZoomなどのリモート会議にも対応できる。

仕事中はキーボードを接続して作業し、休憩中にはキーボードを外してソファで寝そべって動画鑑賞…みたいな使い方には向くだろう。

外出時に「今日はPCいらないと思うけどなぁ…けど、念のため…」という時にはキー操作性は犠牲になるが、本体だけバッグに放り込んでおくという事も出来る。

Bluetooth v4.2 に対応しているので、自宅や職場・仕事場など使用する拠点それぞれに適当なスタンドと市販のBluetooth対応のマウス・キーボードを置きっぱなしにしておけば、持ち運ぶのは本体450gだけで済むのも便利かも。


一番安いChromeBook 2021年

2021/03/06

どうもこんにちは、虫明誠造です。

ITニュースによると、2020年・パソコンOSのシェアでChromeOSがAppleのMacOSを抜いて2位になったそうです。リモートワークや授業の増加でパソコンの需要が高まり、比較的低スペックでも動くChromeBookの人気が高まった結果だそうです。

低スペックでも軽快に動くと言う事は、結果的にPCの値段も安く済みます。

ChromeBook最安モデル

公式サイトによるとChromeBookで最も安価なモデルは Lenovo Chromebook S330 で、メーカー希望小売価格23,843円と確かにかなりPCとしては安いですね。

Lenovoの直販なら税込み19,800円と激安!

Lenovo Chromebook S330

デメリット

ただし重量は1.5kgでACアダプターが300gと合計2kg近く、持ち運びには重いでしょう。画面の解像度も1366x768ドットと現在売れ筋のPCたちと比べるとやや劣るかな。

メモリの4GBはこの価格帯ならこんなもんだろうけど、本体内蔵の保存領域も32GBなので、決して多いとは言えないし、有線LANは使えないからWi-Fi環境が必須。

そしてキーボードがUS配列なので、これは日本語配列のキーボードに慣れたユーザーにとっては結構なストレスになるんじゃ無いかと思う。

逆に言うと今までパソコンなんて殆ど触ってない人なら、キーボードの配列なんて問題にならないけども。

バッテリーがヘタっても自分でバッテリーを交換する事はできない…が、多分バッテリーがヘタった頃にはさすがにもうこのスペックではキツくなってると思うので、買い替え時だとも言える。

マシンスペックは高く無いので、動画編集とか、本格的なCG制作とか、ゲーム用途には向かない。当然だけどWindows専用のアプリなんかも使えない。

メリット

最大のメリットは価格が安い事。そして、この1台を買うだけでWeb閲覧・Youtubeなどの動画視聴・テキストなどのファイル作成・Zoomなどのリモート会議・SNSなどたいていのニーズには応える事ができるのはかなり大きいと思う。

ChromeOS・ChromeBookって何ができるの?と思ってる人には「スマホで出来ている事がパソコンの大きい画面でキーボードやマウスを使ってできる」と考えればイメージしやすいと思う。

ある特定のWindowsアプリが仕事でどうしても必要!という場合を除いて、殆どの人にとってOSがWindowsやMacで無ければならない理由ってあんまり無いんですよね。

今のChromeBookはandroidアプリも動くし。

そもそもパソコンに細かいこだわりを持つ層は、この機種は検討の対象にすら入っていないでしょうからね。電源オフ状態から電源ボタンを押して7秒後には作業開始できる起動の速さも素晴らしい。

Windowsとかと違って、買って帰って電源を入れて、ログインしてWi-Fiの設定をすればそれでもう使える状態になるってのも簡単で楽ちんだと思う。

あとデメリットに書いたように安いぶんCPUは非力。でも逆にCPUが非力だと消費電力は少なくて済むため、公称だが3時間充電で10時間稼働は魅力的だと思う。